JSLで学べる講座

こんにちは
起業家講師のサポーター 
日本接客リーダー育成協会(JSL)代表理事の藤村純子です

 

 

私はJSLの代表理事でもあり、
ビジネスマナー研究所㈱の社長でもあり
「接客戦略コンサルタント」でもあります。

 

そもそも「接客戦略」って?
そして当サイトでも良く出てくる「印象営業®」って?
という部分を改めてお伝えしていきますね^^

 

「接客戦略」とは、接客力をアップして
リピーターを増やすこと!!

 

お客様に笑顔で帰っていただけるような接客力を
高める取り組みは、
「クレームを減らし、リピーターを増やし、
結果、売上を上げる」という現象を生み出しました。

 

 

つまり、お客様も、
現場スタッフも、経営者も、
皆が笑顔になるこの手法が「接客戦略」で、
私の実績から創った造語です。

 

 

 

リピーターを増やし、売上アップを
実現するためには社員の皆さまに成長していただき、

 

 

社内の接客文化を改革し、指示待ちではなく自分で
考えて仕事に取り組む人材(=自走スタッフ)を
どれだけ増やせるかがカギになります。

 

やらされている仕事と自分から積極的に
アイディアを出しながらすすめる仕事では、
どちらが楽しいかは明白ですよね?

 

 

そんな人(スタッフ)が増えれば、
素敵な笑顔も増えていきます。
そんな人材を現場で育成するリーダーも必要です。

 

私は、その接客戦略を実践するため、
自走スタッフ・人材を現場で育てる接客リーダーを
育成するために、3つの柱(研修)をクライアント様へ
提供しております。

 

接客戦略・印象営業図

 

 

 

 

 

 

 

まず全ての基礎となる1つ目の柱が
「ビジネスマナー研修」です。
ビジネスマナーをしっかりと身に付けておかないと、
初めて会う方との信頼関係は築けません。

 

 

ビジネスマナーは社会人共通の
最低限のルールであり、
気づかないうちに先方に見限られ失注していた、
といった事態を防ぐツールとも言えます。

 

 

ですが、あくまでビジネスマナーは
基礎の基礎であり、これだけでは自分から考えて
行動する人材にはなりえません。

 

 

2つ目の柱が「印象営業®研修(ベーシック)」です。
印象営業®研修では、
お客様に良い印象を与える項目から整え、
自社基準をつくり実践することで、
『研修に参加された方自身がお客様から選ばれる』
ようになることをゴールとしています。

 

 

 

3つ目の柱が「印象営業®研修(アドバンス)」です。
ここでのゴールは
『研修参加者が接客リーダーとなり、
社内に新しい接客文化を根付かせることです。

参加者自身だけでなく講習に参加しない社員を
変えていくことも目的の1つとしている』点が
「印象営業®研修(ベーシック)」との大きな違いです。

 

 

接客を通じてリーダーになることができれば、
自分で考え、人をまとめ、自らの意思・判断で積極的に
仕事を動かせようになります。

 

 

そして社内リーダーができることで、
社長が指揮をとることなくリーダーが
社内をまとめ、社長の時間をつくること
にもつながるのです。

 

 

「接客戦略」「印象営業」「ビジネスマナー」
の違いについてお伝えしました。

 

 

現在、JSLでは「ビジネスマナー研修」と
「印象営業®研修」の講師・ファシリテーター認定講座
開催しています。

ビジネスマナー講師認定講座は2月20日(水)スタートです!
詳細はこちらから!

認定講座

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

  • LINEでともだち登録LINEでともだち登録